交通違反について|Jネットレンタカー北海道

北海道限定の格安レンタカーキャンペーン実施中!

予約の変更・キャンセル
ご意見・お問い合せ

交通違反について交通違反について

車の運転時は、あらゆる交通ルールを順守しなければなりません。特に北海道などの積雪・凍結の起こる寒冷地域は、事故も起こりやすいため十分に注意する必要があります。こちらでは、交通違反に関しての情報をご紹介しています。安全運転をする意識づけにご参照いただければ幸いです。

交通違反をすると

交通違反や事故を起こすと減点されると思われがちですが、日本は0点から積み重なっていく加点方式をとっているのをご存知でしょうか?過去3年間の交通事故や交通違反の種類に応じて点数をつけ、合計点数が所定の基準に達すると免許 取り消し・免許停止処分の対象となります(※1)ので、十分注意しましょう。ちなみに処分前歴が無い場合は、6点以上で免許停止処分、15点以上で免許取り消しとなります。

  • ※1)免許停止期間や免許失効期間を除き1年間、無事故・無違反・無処分だった場合、免許の取り消し・停止処分を受けた場合は、それ以前の点数は加算されません。2年以上無事故・無違反・無処分者が1~3点の違反行為をし、その後3か月以上無事故・無違反で経過すると、その点数は累積されません。

青キップと赤キップの違い

交通違反を起こすと、白切符/青切符/赤切符のいずれかが切られることになります。白切符は、罰金や違反金が科されない交通違反のことを言い、チャイルドシート使用義務違反やヘルメット装着義務違反、シートベルト装着義務違反などがそれにあたります。白切符が切られた場合、違反金などのお金を納付する罰則はないものの違反点数が1点つきます。青切符は1~3点の違反で取締りを受けたときに「反則金仮納付書」と一緒に交付され、期日内に反則金を納付すれば手続きが完了します。赤キップは、飲酒運転や人身事故など6点以上の違反で取締りを受けたとき、交通反則通告制度の対象ではない軽車両・歩行者が道路交通法に違反した場合に交付されます。この場合は運転免許証を没収され、簡易裁判所または検察庁への出頭が必要になります。

意外と知られていない交通ルール

意外と知られていない交通ルールをいくつかご紹介していきます。まずはクラクションです。あなたはクラクションをむやみに鳴らしてしまっていませんか。安易な使用は、いざという時の重要性が薄れる恐れがあるとされ違反となります。2万円以下の罰金または科料の罰則を受けます。窓の開けっ放しやキーやエンジンを点けっぱなしで車を離れるのも違反行為です。コンビニでの軽い買い物だからとやってしまいがちです。 運転手には他人に無断で運転されるのを防ぐ義務があります。そのため違反となり、5万円以下の罰金の罰則を受けることになります。女性の方が見落としがちなのが、サンダルやハイヒールを履いての運転です。違反行為になりますので気をつけましょう。これは、運転操作に支障を与えかねないためです。捕まると、5万円以下の罰金の罰則を受けることになります。

当社は北海道エリアでレンタカー事業を行っております。北海道地区はJネットレンタカー・スカイレンタカー併設店となっており、格安な料金で全車禁煙車のきれいな車をご提供しています。観光・ビジネス等に幅広くご利用ください。新千歳空港から無料送迎実施中です。

送信ボタン