雪道をドライブする際の注意点|Jネットレンタカー北海道

北海道限定の格安レンタカーキャンペーン実施中!

予約の変更・キャンセル
ご意見・お問い合せ

雪道をドライブする際の注意点雪道をドライブする際の注意点

広大な面積を誇る北海道。様々なエリアを観光したいと計画しているのであれば、車の移動が欠かせません。中でも、寒さの厳しい冬に北海道を訪れる方は多いのですが、道路は雪で滑りやすく大変危険な状態です。そこで、こちらでは「雪道をドライブする際の注意点」についてご紹介します。

雪道ドライブの基本

○乗車前

通常ならすぐ車に乗りますが、雪道を運転する際は靴についた雪をしっかり払って乗車してください。
万が一、雪が付着した靴で乗ると、足が滑ってペダルを踏み外し思わぬ事故を招く危険性があります。
また、雪道を運転する際は、走行前にエンジンをかけて温めておくことをおすすめします。
そうすることで、車内の温度が快適になりますし、窓の曇り防止になるため、安全運転に繋がります。

○走行中

雪道には多くの危険が潜んでいるため、急発進・急加速・急停止・急ハンドルは厳禁です。
アクセルやブレーキはゆっくり行い、停止時はゆとりをもって早めにブレーキ操作をしましょう。
また、急なハンドル操作はスリップの原因になり大変危険です。ハンドルを回す速さは一定に保ち、カーブや曲がり角を走行する際は、手前で十分減速するように心がけましょう。また、降雪により前方の視界が悪い場合は車間距離を十分にとるようにしましょう。低速走行で前方に集中しいつでも止まれる準備をしておくのが肝心です。

○到着時

目的地に到着した時は、積雪に備えてワイパーを立てることをおすすめします。ワイパーを立て忘れると、ワイパーゴムがフロントガラスに凍りついてはがすのが面倒になるからです。運転時の視界に悪影響を及ぼす恐れもありますので、事前にワイパーを立てて対策すると良いでしょう。

雪道の危険ポイント

当日の天気や雪の量、走行の時間帯によって、路面の状況は変化します。特に、風通しの良い橋や高架道路、トンネルの出入口付近は、気温が低いため路面が凍結しやすい場所です。また、多くの車が行き来する交差点にも危険は潜んでいます。中でも、停止線付近は、車の発進や停止が繰り返し行われているため、路面が磨かれてツルツルな状態になっています。

これを「アイスバーン」といいますが、雪面が固く凍結した状態で大変滑りやすくなっていますので、厳重に注意しなければなりません。雪道の運転に慣れていない場合、積もった雪の影響で道が分からなくなる時もあります。
車が通ったタイヤの跡(わだち)に沿って走行したり、反射板のポールを目安にして運転することが大切です。
雪道をドライブする時は「どこが滑りやすい場所なのか」事前に危険ポイントを把握しておきましょう。

北海道のレンタカー会社をお探しでしたら、是非当社にお任せください。新千歳空港に近いため、多くの観光客にご利用いただいております。Web限定の格安キャンペーンも随時開催しております。北海道へご訪問される際は是非ご検討くださいませ。

送信ボタン